フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩は。久し振りの同日更新ですね。本日一回目の記事に誤りが有った様です。

>以前動いていたフォントクラスを調べた所、今回と同じフォーマットのテクスチャが作成できています。

記憶では一番最近のものは学校でも動いていたので、それのコードに実装してあるという事は作成出来ていた筈だ、とその時は思いました。然し調べ直した所、そのコードは古いもので本当に一番最近のものでは別のフォーマットが使われていたと解りました。テクスチャフォーマットが原因である可能性が飛躍的に上がったので、それに差し換えて実装し直す事にしました。ところが、テクスチャに貼り付ける部分はマルペケつくろーどっとコム様を参考にさせて頂いたもので、残念ながら件の学校で使えない新しいフォーマットが前提となっておりました。仕方ないので、この期に及んでビット演算を勉強しなおし、変換に成功しました。折角なので、共用体を用いて両方に対応させ、同梱の起動オプションで「高精度カラー ON/OFF」として選べる様にしました(因みにこのオプションをONにすると、同時にディスプレイフォーマットも高精度のものに成る。無論学校のPCでは動かないが)。序に、クラス全体を所謂「Unicode/MBCS両対応」にしました。と言っても、内部では変換して常にUnicodeで扱っているだけなのですが。
関連記事

[2012/11/23 21:08] | 首都高バトルTD
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。