フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は。首都高はAIを作る段階に入りましたが、SIREN:TDの設計も進んできたので変更もしながら実際に組む事にします。
先ず戦闘は、攻撃可能のマスから屍人の居るマスを選んで攻撃する、という事にしていました。しかし、SIREN:TDでは屍人に追われる緊迫感よりも誰もいない孤独感で恐怖を表現しようと考えましたので(前者は、一度屍人に慣れると逆効果だと感じました)、寧ろ屍人の登場は最低限にする事にしました。従って戦闘描写に凝る必要は無く、コマンドバトルで十分だと考えられ、結果として全体的にリアルタイムルーチンで組む必要が無くなります。これでかなり組み易く成りました。代わりに複数キャラの同時移動等は出来なく成り、脱出ゲーム並に静的なゲームと成る予定です(寧ろ、本家SIRENこそ脱出ゲームにリアルタイム要素を取り込んだものと言えるかもしれません)。
次に、上の変更の通り今迄のプログラム(タイトル画面だけですが、フェードイン・アウト関数等今後も重要な要素が満載です)を書き直しました。静的に呼び出せば良くなったので、とても解り易く成りました。
現在、シナリオセレクト画面まで出来ています。進展あれば御報告します。失礼します。
関連記事

[2012/05/20 22:52] | SIREN:TD
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。