フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は。今迄首都高バトルTDに意地でもDirectXを使わずOpenGLを使っていたのは、学校のPCに搭載されているDirectXのバージョン(7.0のまま更新できない)に合うSDKが手に入らない(と思っていた)からでした。然し、今日「Drivism」という他人様のレースゲームを学校のPCで起動してみた所、かなりグラフィックに拘っているにも関わらず何の問題も無く(フレームスキップでどうにかなる程度の処理落ちはしている)動きました。DrivismはDirectX9.0b以上のハードウェアレンダリングを要求します。という事は最低でもDirectX9.0bはインストールされている筈で、其れだけ最近のSDKなら手に入りそうです。又OpenGLのVBOという技術はDirectXのハードウェアレンダリングに近い仕組みなので此方も捨て難いと思っていたのですが、2002年以降程度のPCでないと動作しない可能性が高いという事も今日解りました(学校のPCはWin2k)。結局DirectXで決まりの様なので、明日DirectX9.0cが動くかどうかだけ確かめて(9.0cの方がより入手し易い為)DirectXの勉強を始めます。
関連記事

[2012/03/22 22:52] | 首都高バトルTD
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。