フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は。首都高バトルTDの負荷の方ですが、最早ハードウェア的な問題と見まして、VBOやDirectX(HW)でも使わないと無理そうです。その上、以前から構想だけは有った「SIREN:TD」が、スクリーンのイメージも出来る段階に成ってきたので、一旦此方に着手しようと思います。首都高目当てでいらしてる方には申し訳ありません。勿論此処迄来て止めたくはないので、何時か復帰する予定です。もしかするとSIRENと同時進行に成るかも知れません。
では、SIREN:TDの概要を書きます。此れは首都高同様、SCE様の「SIREN」シリーズのパロディと成ります。本家様は3Dですが、私が真似するとまたハードウェア的な問題に陥りそうですし、私が3Dに拘るのはレースゲームやFPS位ですので、2Dで設計しています。基本的にRPG風のシステムにしようと思っています。となるとウディタ等でも作れそうですが折角なのでCで作ろうと思います。舞台は「羽生蛇村立高等学校」で、何故高校なのかというと単純に私が高校生だからです。因みに間取りは変えますので、プレイして心当たりが有っても特定は出来ません。又、登場人物は全て本家様(無印)の一部で、須田恭也(一年生)、宮田司郎(三年生)、牧野慶(三年生)、恩田理沙(一年生)、恩田美奈(一年生)、志村晃(教師)、堕辰子(神)、石田徹雄(警官)を予定しています。
現状ですが、タイトル画面迄は出来ました。今はマップシステムを構築しています。首都高も含めたアドバイスや要望が有ればコメント頂きたく存じます。では失礼します。
関連記事

[2012/03/21 21:52] | SIREN:TD
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。