フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩は。地面の当たり判定を移植しました。入力だけ書き直したら直ぐに動きました。序に、ドライバー視点を搭載し、更に其れを車体の傾きによってカメラも傾く仕様に致しました。此れが首都高バトルTD史上初のタンジェントの使用と成りました。又、先日エンジン音の追加に因る負荷を危惧して居りましたが、フレームスキップと同時に音もスキップする事でWINDOWS2000でも実用速度を確保する事が出来ました。但し、スキップする場合、途切れ途切れとは言わない迄も滑らかさが損なわれ若干不自然では有りますが。


<本日のスクリーンショット>
ドライバー視点にはミラーを搭載致しました。勿論、此方も車体の傾きによって角度が変わります。因みに、タコメーターも進化しました。
mirror.jpg
関連記事

[2012/02/19 22:57] | 首都高バトルTD
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。