フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。なんとなくオーディオの話がしたいので書きます。ネット上で私がオーディオについて語るのは初めてでしょうか。全ては、私が壊れたラジカセを分解したことから始まる…。

そのラジカセは、決して高いものではなかった。むしろ安物で、父からおもちゃ(分解的な意味で)として譲り受けたものだった。最初こそ、分解して治ったらすごいなーというぐらいの気持ちはあったが、結局いつも通り解剖に使われるのみとなった。

私は驚いた。持っているスピーカーの向きや位置を少し変えるだけで、面白いように聴こえ方が変わる。そしてある配置にしたときにはステレオ効果がはっきり顕れ、まるで2つのスピーカーの間に見えないスピーカーがあって、そこから音が出ているようにさえ思えたのだ。

私はそれまで、スピーカーについて深く考えたことはなかった。恥ずかしながら、例えばステレオとモノラルの音の違いすら(仕組みの違いは知っていたが)感じたことはなかった。しかしそれは一般的なスピーカーがいわば「無難な」音を出すように設計されているからなのだろうと私は考えている。こうして、一度オーディオの楽しさを体験した私は、その長い道のりを少しずつ歩み始めることとなったのだ…。

言ってしまえば当然だが、私の理念の基本は「自分が正しいと思う音を目指す」ということである。曲の成分の音をなるべく全て聞きたいのだ。ただしそれは聴こえ方に限らない。スペック信仰とまでは言わないが、例えば同じ曲のAACとWAVが自由に選べるとすれば、少々HDDを圧迫するが、私はWAVを選ぶ。私はそこまで耳がよくないので、たいていは数値以上の何ものにもならないが、やはり一部が欠如したものをみすみす聞くよりは、スペックの良い物を聞く方が楽しいのである。

逆に気にしない部分は何であろうか。例えばメディアは全く気にしない。CDに入っていようがHDDに入っていようが、私には同じに聞こえる。また私の一番の目的はあくまで「曲を聴くこと」であるから、スーパーオーディオCDやレコード盤の類には興味が無い。福山雅治・倉木麻衣・天野月子そのほかの私が聴きたい曲はそれらで供給されていないからである。他にも部屋の反響・アンプがデジタルかアナログか・ケーブルの種類など、私に聞き取れず、かつ数値にも表しにくいものに関しては、私は概してこだわりを持たない。

作ったスピーカー(発泡スチロール製・厚紙製・ダンボール製)数多、部品取りに犠牲となった機器も数知れず、私が辿り着いた現在の環境を記しておこう。再生機器はPC、ソフトはAIMP3。そこからASIO接続したBEHRINGER・UCA202でサイズ社の「鎌ベイアンプ」SDAR-2100に入力。そして、これが自分でもかなり変態だと思うのだが、スピーカーはBEHRINGERのモニタースピーカーB2030Pに接続している。モニターはリスニング用よりもフラットな音と聞いてのことである。私はイコライザの類が苦手かつ嫌いで、わざわざそのまま聴ける音を加工しようとは思わなかったのだ。かといってこの環境で完全無加工の「原音」が出るかというとそうは思っていない。スペックを気にする部分と似ているが、結局自分で判断できない特徴が直接影響する場合、人の言うことを鵜呑みにして満足するしかないのだ。

で、結局音はどうなのか。私としては大変満足している。カタログ・クチコミ上では勝手な加工はされておらず、音源は無圧縮WAVのまま。実際に耳に入る音も申し分ない。今後この環境を変えるとすればどこを弄るのか、今のところは想像もついていない。
関連記事

[2014/08/15 22:45] | 未分類
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。