フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は。前回述べたプログラムですが、どのバージョンも起動しませんでした。又共通してどれも「IDirect3DDevice9コンポーネント取得エラー」と成りました。取り敢えず原因を絞ることには成功したので、学校のPCで確実に動いたサンプルを改造して、IDirect3DDevice9に関係する変数を全て吐かせました。すると、案の定違っている所が有ったので、全て揃えたものと怪しい所だけ揃えたものを様々なパターンで用意して起動してみた所、全て揃えたもののみ正常に起動出来ました。然し全て揃えた場合、リフレッシュレートを「0x3c」にしなくては成らないというのが疑問だったので、今日はリフレッシュレートのみ0にしたもので数パターン作って起動してみました。するとフルスクリーンのもののみ起動しました。又謎が増えたのですが、学校のPCでビルド出来ない以上変数を変えて調べられない為、ヒントを求めてサンプルを漁っていた所、画面モードを切り替えられるものを見付けました。其の一覧によると、主な画面モードの「ウィンドウモード可否」と「バックバッファフォーマット」と「リフレッシュレート」にかなりの制限が有りました。此等を中途半端な総当たりで試し続けていた為今迄動かなかったと思われるので、明日はリストに載っていた値ばかりをデフォルトにして起動してみようと思います。因みにウィンドウモードが不可でフルスクリーンモードのみというのには驚きました。


<本日のスクリーンショット>
OPTIONの項目が増えました。RESOLUTIONはウィンドウ解像度の選択で、設定はVGA(640*480)、SVGA(800*600)、XGA(1024*768)、フルハイビジョン(1920*1080)、NATIVE(ディスプレイの解像度に合わせ、ディスプレイ一杯に表示)を用意してあり、FULLSCREENはフルスクリーンか否かの選択です。因みにNATIVEはフルスクリーンがオンでもオフでも見た目が同じに成りますが、オフだとディスプレイをDirectXで初期化しない代わりにフルスクリーンでありなから他のウィンドウと共存出来ます。
option.jpg
スポンサーサイト

[2012/03/30 21:34] | 首都高バトルTD
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。