フリーゲーム・フリーソフトの開発過程を記録していく、TDtechnic公式ブログです。製品はカテゴリの「ダウンロード場」からダウンロードして頂けます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterで報告するのがメインになっちゃったのでこっちはほったらかしでしたね。お久しぶりです。Shiroです。

いろいろやりかけのままほったらかしになってましたが、今は主にエアエンジンとSIRENの研究ばかりしています。え?プログラミングはどうした?もちろん本業ですよ。4月から4年生で研究室に配属されるので、ソフトウェア系のところに入りました。これで、うまくいけばShiroScriptを始めとした私の趣味を卒業研究の題材に発展させることができるわけです。

というわけですから、プログラミングに関する今後の研究は学修とともに進められそうな(進めたい)のです。とりあえず今はそれ以外で興味があるものを中心にやっているという感じです。では失礼します。
スポンサーサイト

[2017/03/28 11:51] | 未分類
|
こんばんは。広告を消したいので更新します。

レポートの進みはそこそこです。一時は増えていく一方で絶望していましたが、なんとか収支が安定してきました。

さすがにゲーム制作を再開するほどの余裕はないですが、最近はゲーム用のスクリプト言語の構想を練っています。不死女でも突貫工事のスクリプト言語を作って使用しましたが、今回はちゃんと設計して作りたいのです。

とりあえず、現在引っかかっている最大の問題は、自分の2つの要求をうまく合わせることができないという点です。その2つの要求とは、

①『「敵」に「弾が当たった」というメッセージを送ると「爆発する」』というようなイベント駆動型プログラミングをしたい

②『「テキストを表示する」→「ムービーを再生する」→「次のマップに移動する」』といった手続き型プログラミングをしたい

というものです。

まあ普通に考えたら共存できない概念なので、2つの言語に分けて作ることも視野に入れています。でも、もしかしたらいい感じに統合できるかもしれないので、もう少し研究してみます。

[2016/06/24 20:35] | 未分類
|
お久しぶりです。最後の更新から随分と間が空いてしまいました。

この度、「不死女 -Immortal girl-」がふりーむ!ゲームコンテストでプログラミング部門金賞を頂きました。遊んでくださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

さて、今はTwitterがあるので、失踪したと思われることを心配することは全く無いのですが(そもそもそんなに真剣に見ている人は多分いない)、一応近況報告だけしておきます。

新学期になったら本気だすとか思ってましたが、その本気は全部大学に吸い取られてます。一見理想的な学生像かもしれませんが、単に私がレポートを捌ききれなくなっているというのが実態です。

噂には聞いていましたが、やっぱり実験レポートが一番大変なんですね。丸一週間ほとんどの時間を取られてやっと出したと思いきや、その日にまた次のレポートが出るんですから。さらに、同じ学科の学生同士で図書館の本の取り合いになるものですから、参考文献探しも一苦労です。

というわけで、夏休みまでは自分の研究なんてしている暇がないと予測されます。
ですから、モンジュラの製作も、SIRENネタプレイの研究も、それまでお預けですね。
とりあえず単位を落とさないように頑張ります。では。


[2016/05/05 19:26] | 未分類
|
こんにちは。不死女が(一応)完成してほっとしているShiroです。

今回は嬉しい報告がございます。なんと、不死女がWindows100%(2015年10月13日発売)に収録されました!
正直言って、今作はあまり売れないかなーと思っていたんですが(事実、ダウンロードの勢いは前作「記憶」に劣ります)、まさかこのような形で評価されるとは思ってもみませんでした。あれでもかなり苦労した作品ではあるんで、嬉しい限りですね。

<「不死女 -Immortal girl-」好評公開中!>
ふりーむ!様
フリーゲーム夢現様

[2015/10/13 19:44] | 未分類
|
大変遅れております。Shiroです。

一応広告が出たら更新することにしてるんで書きますが、残念ながらなにも進んでいません。大学と自動車学校を両立させてることや、気胸が再発したことなどを表向きの理由としておきましょう。

表向きとか言ってますが、決してゲーム制作が嫌になったわけではございませんよ!相変わらず技術書も楽しく読んでいますし、学校のプログラミングも楽しんでいます。ただ、私には「これだ!」というステージを作り出すデザイン力がないのです…。

(だからいつも思うのは、ゲーム中に配置する謎解きや仕掛けのアイデアを「フリー素材」として公開しているところがあったらいいな、ということなんですね)

[2015/08/03 19:05] | 未分類
|
こんばんは。なんとなくオーディオの話がしたいので書きます。ネット上で私がオーディオについて語るのは初めてでしょうか。全ては、私が壊れたラジカセを分解したことから始まる…。

そのラジカセは、決して高いものではなかった。むしろ安物で、父からおもちゃ(分解的な意味で)として譲り受けたものだった。最初こそ、分解して治ったらすごいなーというぐらいの気持ちはあったが、結局いつも通り解剖に使われるのみとなった。

私は驚いた。持っているスピーカーの向きや位置を少し変えるだけで、面白いように聴こえ方が変わる。そしてある配置にしたときにはステレオ効果がはっきり顕れ、まるで2つのスピーカーの間に見えないスピーカーがあって、そこから音が出ているようにさえ思えたのだ。

私はそれまで、スピーカーについて深く考えたことはなかった。恥ずかしながら、例えばステレオとモノラルの音の違いすら(仕組みの違いは知っていたが)感じたことはなかった。しかしそれは一般的なスピーカーがいわば「無難な」音を出すように設計されているからなのだろうと私は考えている。こうして、一度オーディオの楽しさを体験した私は、その長い道のりを少しずつ歩み始めることとなったのだ…。

言ってしまえば当然だが、私の理念の基本は「自分が正しいと思う音を目指す」ということである。曲の成分の音をなるべく全て聞きたいのだ。ただしそれは聴こえ方に限らない。スペック信仰とまでは言わないが、例えば同じ曲のAACとWAVが自由に選べるとすれば、少々HDDを圧迫するが、私はWAVを選ぶ。私はそこまで耳がよくないので、たいていは数値以上の何ものにもならないが、やはり一部が欠如したものをみすみす聞くよりは、スペックの良い物を聞く方が楽しいのである。

逆に気にしない部分は何であろうか。例えばメディアは全く気にしない。CDに入っていようがHDDに入っていようが、私には同じに聞こえる。また私の一番の目的はあくまで「曲を聴くこと」であるから、スーパーオーディオCDやレコード盤の類には興味が無い。福山雅治・倉木麻衣・天野月子そのほかの私が聴きたい曲はそれらで供給されていないからである。他にも部屋の反響・アンプがデジタルかアナログか・ケーブルの種類など、私に聞き取れず、かつ数値にも表しにくいものに関しては、私は概してこだわりを持たない。

作ったスピーカー(発泡スチロール製・厚紙製・ダンボール製)数多、部品取りに犠牲となった機器も数知れず、私が辿り着いた現在の環境を記しておこう。再生機器はPC、ソフトはAIMP3。そこからASIO接続したBEHRINGER・UCA202でサイズ社の「鎌ベイアンプ」SDAR-2100に入力。そして、これが自分でもかなり変態だと思うのだが、スピーカーはBEHRINGERのモニタースピーカーB2030Pに接続している。モニターはリスニング用よりもフラットな音と聞いてのことである。私はイコライザの類が苦手かつ嫌いで、わざわざそのまま聴ける音を加工しようとは思わなかったのだ。かといってこの環境で完全無加工の「原音」が出るかというとそうは思っていない。スペックを気にする部分と似ているが、結局自分で判断できない特徴が直接影響する場合、人の言うことを鵜呑みにして満足するしかないのだ。

で、結局音はどうなのか。私としては大変満足している。カタログ・クチコミ上では勝手な加工はされておらず、音源は無圧縮WAVのまま。実際に耳に入る音も申し分ない。今後この環境を変えるとすればどこを弄るのか、今のところは想像もついていない。

[2014/08/15 22:45] | 未分類
|
こんばんは。さようならと語るには知るのが遅すぎました。受験期だったというのは言い訳です。

…平成25年11月19日、大井JCT・湾岸線西行き→羽田線上りの連絡が封鎖されました。

ここは、レースゲーム「首都高バトル2」において、「Cゾーン」とされるコースの一部でありまして、ゲーム上重要な役割を果たしていました。最初はその部分は走行できないのですが、私は3歳頃から説明書でその存在をなんとなく知っており、小学生の頃にはゲームの攻略が進んで大井JCTも走るようになりました。

結局のところ実物を走ったことはありませんが、私はゲーム上で何度も当たり前のように走っていました。時にはその走りにくさに閉口させられたこともありました。何度も何度も壁にぶつかりました。そしてもう免許も取れる歳になったという時、気づけば彼はなくなっていたのです。

路線的には大きなものではありませんが、歪な形でしかも一方通行という大変不思議な高速道路でした。中央環状線と接続されると知った時には、これは接続工事までの仮の形で、きっと中央環状線が完成したらフルジャンクションになるのだろう…と納得しておりました。そして報道される中央環状線の工事。いよいよだ。もうすぐ大井JCTが本来の使われ方をするようになるんだ。今は簡易的な連絡通路だけど、遂に湾岸・羽田・中央環を繋ぐ大ジャンクションになるんだ…と勝手に期待していた自分が悔やまれます。

中央環状線との接続のために湾岸西行きから羽田線上りへの連絡路が閉鎖されます。

思ってもみない結末でした。高速道路の拡張は、夢と希望に満ち溢れた、嬉しい出来事でした。しかしまさか拡張によって失われる路線があるとは…。もちろん、このような事例は他にもたくさんあるでしょう。でも、私はあまりにも長い間大井JCTに慣れすぎていました。そしてそのことは失ったと知るまで気づかないものです。

普通に考えたら高速道路の一区間でこんなにウダウダしてて気持ち悪いかもしれません。でも、思い入れのある物(者)を失う感覚は、道路でも何でも共通ではないでしょうか。無愛想な私にも残っていた「何か」に、少しだけ触れたような気がしました。

[2014/06/30 22:40] | 未分類
|
今晩は。受験が近い事も有って、首都高は進んでいません。何をしていようが、良い意味でも悪い意味でも、時間は待ってくれません。今日はその時間に関わる話です。今月二十二日にTDtechnicは二周年を迎えます。応援してくださった方も、そうでない方も、有難う御座いました。本来は当日に言うべきなんでしょうが、忘れる前に確かに言っておきます。では失礼致します。

[2012/11/14 19:27] | 未分類
|
今日は!貴方の心僕の心に「FC2ブログ」、暁のブラックウルフです。
自己紹介は余り致しません。一寸先は闇です。石橋を叩いて、壊してしまったら別の道を探して、
然して何とか進んでいく、其れが僕という人間なのでしょう。宜しく御願い致します。

[2011/10/09 20:31] | 未分類
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。